読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻から蒸気吐く

産業革命!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【仙石線復活ッ】PARKROCK ISHINOMAKI 2015(宮城県石巻市)に行くから色々調べた①

音楽を聴き楽しくて笑う

スポンサーリンク

f:id:puredata0:20160414122329p:plain

2015年5月30日に宮城県石巻市で開催されるサーキットライブイベント「パークロック石巻」に遊びに行く。事前にあれこれ調べてみた。まずはイベントについて!

 PARK ROCK ISHINOMAKIについて

PARK ROCK ISHINOMAKIとは?
昨年、2013年4月29日に初開催。「震災風化抑制、石巻の活性化、石巻の新たな音楽文化の創出」をテーマに2014年も開催決定。
今回は石巻市内のライブハウス・イベントスペースを複数箇所(BLUE RESISTANCE・Soul to Soul・IRORI石巻 and more)使用してのサーキットイベントとしての開催になり、この形式により昨年より更に「石巻」という街をイベント来場者に体感してもらえる試みとなっている。未だ完全復旧していないアクセス面の問題を解消するため、東京・仙台から震災の歴史を風化させないための語り部バスツアーに加え、今後も様々なコンテンツの追加を予定。
震災からの再生と新しいカルチャーの創造を宮城県・石巻市から発信すべく、日本中の有志の力で開催されるPARK ROCK ISHINOMAKI 2014。
最新情報は公式ウェブサイト、Twitter、Facebookページで随時配信予定。

【公式サイト】http://parkrock2014.net/
【公式Twitter】https://twitter.com/PARKROCK_I
【公式Facebook】https://www.facebook.com/ParkRockIshinomaki

 

パークロック石巻2015公式サイト

2013年から始まった、宮城県石巻市の複数箇所でバンドのライブ・DJなどがプレイするサーキットライブイベント!東京だと下北沢サウンドクルージングとかが有名だけど、初めて行く街でのサーキットライブはいいね〜!ワクワクだ。

f:id:puredata0:20160414122410p:plain

f:id:puredata0:20160414122423p:plain

▲ATATA, GAGLE, SAWAGIは見たいが、寿DANCE HALLで飲みまくったり、外に美味いもの食いに行ったりしたいのだ。どう動くか悩む。 

全てのライブが終了した後はスナックでトークショー(!)も行われるというなんともナイスなイベント。また、主催の「ライブだけでなく石巻の様々なコンテンツを楽しんでほしい」というスタンスが本当に素晴らしいです。全力で遊ばせてもらいます!

▲俺は当然泊まりです。3人で徒党を組んでベロベロになるまで飲む予定です。

仙石線復活ッ!!!仙石線復活ッ!!!仙石線復活ッ!!!仙石線復活ッ!!!

2015年5月30日の石巻市にはPARKROCK以外に、もうひとつトピックがある。3・11東日本大震災以降、不通となっていた仙石線(せんせきせん)が全線開通するのだ。

f:id:puredata0:20150528123838p:plain

▲2015年5月28日現在、「仙石線」で検索するとこの画面が出てくる。記念にスクショしてみた

現在、東北一部地域の路線ではBRT(バス・ラピッド・トランジット)で運行されている。実際、色々なコストや工事のスピードを考えるとBRTのほうがいいんだろう。でも、違うんだよなぁ。わかる。コミュニティの維持のための装置とか、話題性や観光資源とか、そういう合理的な諸々を抜きにして、ウオオオオってなるよね。うれしいね。

▲ 「仙石線全線開通」は地元の人にとってはやはり元気の出るニュースみたい!そうだよねそうだよね。

 

www.facebook.com

▲ 偶然なのか合わせたのか、パークロックと全線開通が同日程!祭りだね〜

 

sp.kahoku.co.jp

▲こんなのも。欲しい。飲みたい。まあ味は変わらないだろうけど…

 

www.asahi.com

▲リンク先、記事は途中までしか読めないけど、奇跡の列車については下記リンクで読める

下り列車は野蒜駅から約600メートル走って緊急停車した。幸運にもそこは十数メートルの高台だった。

「とどまった方が安全だ」。地元に住む年配の男性客が、乗客を外へ誘導しようとした若い乗務員に助言した。乗客と乗務員約60人は、最も高い位置にある3両目で待機することになった。

東松島市を襲った大津波の証言

恥ずかしながら初めての東北被災地 

実は、初めて「被災地」と呼ばれる場所に行く。今までも、何かしらで行くことはできたんだろうけど、きっかけがなかった。2011年はまだ大学生だったし、今考えればボランティアとか何か力になることは出来たのでは、とも思う。でも、正直怖かったんだよなぁ。いろんなことが。「自分が行っても足手まといになるだけだ」とか考えちゃって。余計な自意識だァー!でも、そういう言説は多かったように思う。結局、募金くらいしかしなかった。

そうやって足踏みしているうちに自分の中で「被災地」は記号化され「ヒサイチ」になり、新聞やSNS、ニュースで消費されるものになってしまったような気がしていた。今回、パークロックというきっかけがあって本当に良かったなと思う。初めて、津波が来た場所の事を多面的・立体的に捉えられる。そこからまた、色々と考えていきたい。

ATATAナベカワさんに「パークロック行きます」と伝えたら「時間作って海沿いの津波の被害大きかったところ見ておいで。」と薦めてくれた。土曜は全力で遊んで、日曜はそういう時間に当てたい。土曜は飲む。気づいたらホテルのロビーで寝てたぐらいを目指して飲む。

 

-------

 

ひたすら何を食べようか悩んでいる記事はこちら↓↓ 

banksia.hatenablog.com

 

 出演バンドについて

banksia.hatenablog.com