読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻から蒸気吐く

産業革命!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【スケジュール・コスト試算など】DIY ・ 低予算でバンドのレコーディングをする①


スポンサーリンク

f:id:puredata0:20150629151106j:plain

自分のやっているバンドで急遽レコーディングをすることになった。せっかくなので、どんなふうに録ってどんな出音になったか、ブログで記録してみようと思う。期限は1ヶ月、2曲。ウヒ~急がねばならんぞなもし!

ちなみに俺は、中学生の頃に宅録にハマり、学生時代はレコスタでバイトしていたくらいのレコーディング好きだ!録ってたら躁状態になっちゃうぜ~キモチイイイイイイ

 

▶「DIY・低予算でバンドのレコーディングする」シリーズ

低予算でバンドのレコーディングをする の検索結果 - 鼻から蒸気吐く

前提(こんなバンドのレコーディングです)

taicotoorient - "Decoded" Music Video

www.youtube.com

編成 -> 7人編成ロックバンド

エレキギター、アコースティックギター、キーボード、エレキベース、ドラム、パーカッション×2の7人編成。割りと大所帯なバンド。さらに、全員が会社勤め + 平日は夜まで仕事なので、土日にしかスタジオに入れない。

しかし今回は1ヶ月という期限もある上に、8月のライブに向けて新曲を作っている。つまり、土日のスタジオ練習はなるべく削りたくない。ということで、平日夜に作業を進めるべく、各メンバーの楽器をバラ録りすることにした。

ドラム・パーカッション・エレキギターのみスタジオで録り、他は自宅の簡易ブースで録音する。

録音曲 -> 2曲

録音するのは、半年以上前に作った曲を2曲。ライブでもやり慣れてきた曲なので、アレンジなどは固まっている。基本的に、何度も録り直したり、ガッツリ考えなおすような箇所は少ないはず。

もしかしたら、もう一曲、リミックスを作って収録するかも?余力があれば!

販売形式 -> ダウンロード販売

以前、レコーディングスタジオで信頼できるエンジニアに頼んで音源を作り、CDでリリースした。今回は、未収録曲の周知やプロモーション、プリプロの意味も込めてレコーディングを行うので、スピードとコストを再優先で考え、ダウンロード配信のみとした。

Bandcampでダウンロードコードを取得し、ライブ会場などでは手売りでコードを販売する(ステッカーとかつけてもいいかも…)。iTunesなどでの配信は、手売り分より少し高めに設定するつもり。もちろん色んな人に聞いてもらいたいが、ライブに来てくれた人はちょっと優遇したい。

おおまかなスケジュールとコスト

リリースは8月2日(約一ヶ月後)

8月2日に、スタジオライブを開催する。

そこでどうしても売りたい!ので、1ヶ月で2曲録り、パッケージを考え、宣伝しなければいけない。なかなか大変だ。

その他にも、7月下旬はフジロックだし、8月1日には友人のバンドのレコーディングでギターを弾くことになっている。会社の仕事も立て込んでいる。

さて、俺は死なずに7月を切り抜けられるのか!遺書代わりにネットに記録しておこうとするブログがコチラだ!

オケ録り2週間・ボーカル録り1週間・ミックス1週間

実際、全員の都合的を考えるとオケが一番時間がかかりそうだ。ボーカル録りは、2曲だけだし自分の担当するメインパートは1日で終わらせられるだろう。あとは他のメンバーが担当するコーラスでどのくらいかかるかだが、最低限歌えてれば細かいところはピッチ修正するくらいのスタンスで臨む。

だが、前述のとおり裏でアートワーク作成や告知体制の準備、その他諸々を行うとなるとなかなか大変そう…

だいたい10,000円くらいで録れそう

ざっくり試算だと、ドラム・パーカッション・エレキギターの録音を行うスタジオ代(リハスタ・個人練)のみかかるイメージで、8,000円くらいで録れそう。と思って試算してみた。

 

パート項目時間数金額
ガイドトラック作成 CUBASE打ち込み 3時間 0円
ドラム録音 リハスタ個人練 × 2人 3時間

3,900

ドラム録音 オーディオインターフェースレンタル   1,560
ベース録音 自宅・ライン録音 2時間 0
パーカッション録音 リハスタ個人練 × 2人 2時間 2,600
エレキギター録音 リハスタ個人練 × 1人 2時間 1,300
アコースティックギター録音 自宅・マイク+ライン録音 2時間 0
キーボード録音 自宅・ライン録音 2時間 0
メインボーカル録音 自宅・マイク録音 2時間 0
サブボーカル録音 自宅・マイク録音 2時間 0
コーラス録音 リハスタ × 6人 0.5時間 1,000程度
ミックスダウン作業 自宅 10時間 0
                     合計 30.5時間   10,360

 

スゲエ!7人バンドで10,000円ちょいて!まあ正直、俺がスッゲエ頑張らなきゃいけないから、交通費とメシ代くらいはもらうつもりだけど…。それでも、人件費除外するとかなり安く抑えられているんじゃないか。あとはどのくらいクオリティとスピードをあげられるかだな。

良い物を安く録って、安くお客さんに届けたいんスな~!大盤振る舞いしたいっすナ~!

 

▶次の話

banksia.hatenablog.com

▶できあがったのがコチラ!聞いてみてください~!(2015年8月2日追記)

 

DAWで曲を作るときにプロが実際に行なっていること

DAWで曲を作るときにプロが実際に行なっていること