鼻から蒸気吐く

産業革命!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【サンプル音源あり】DIY ・ 低予算でバンドのレコーディングをする⑥【ギター録り】


スポンサーリンク

f:id:puredata0:20150706133401j:image

レコーディングもサクサク進み、ギター録音へ!レコスタ借りてアンプ鳴らして録ったよ!画像だと3台アンプ並んでるけど、ほとんどJC-120で録りました。

Fender Twin Reverbは時間があればもっと弾き込みたかったな…

 

▶「DIY・低予算でバンドのレコーディングする」シリーズ

低予算でバンドのレコーディングをする の検索結果 - 鼻から蒸気吐く

使用機材

基本は歪みエフェクター + JC-120

基本の音作りは、G&LのテレキャスターからXotic EP booster、Fulltone OCD v4(18Vで駆動)を通して、Roland JC-120へ。

音はこんな感じ!(EQ・エフェクト無し)

f:id:puredata0:20150706133412j:image

▲アンプのセッティングはオール4。オール4と聞くと通信簿を思い出す。かなり成績の良いセッティングだ。

 

FULLTONE フルトーン OCD オーバードライブ Version 4  ( Overdrive) 『並行輸入品』

FULLTONE フルトーン OCD オーバードライブ Version 4 ( Overdrive) 『並行輸入品』

 

▲LPモードで、ゲインを9時くらいに抑え、トーンを3時くらいに設定している。電圧18Vで鳴らすと、ピッキングニュアンスに合わせて素直に歪んでくれてグッド。

 

Xotic エキゾチック エフェクター EP Booster (国内正規品、日本語説明書付き)
 

▲もはや試奏の必要なんてない。クリーンブースターが欲しいなら買うべき。OCDの前段につないでいるが、相性が非常にイイ。基板のスイッチで中域を強調するよう設定しているが、本当にオイシイところが持ち上がってくれる。

オーバーダブにマーシャルの歪み

http://www.flickr.com/photos/41894175230@N01/32646photo by JackSim

今回、ギターサウンドの厚みを求めて、もう一本ギターを重ねた。せっかくなので少し音を変えるために、Marshall JCM2000をアンプ直で使用。Classic gain(チャンネルA)でゲイン10時・トレブル9時・ミドル12時・ベース10時に設定。

やっぱりアンプ直の歪みは気分がいい!!!!! JC-120の音とLRで分けると、分厚いギターサウンドに!最高!最高だけど!分厚すぎて!他の楽器が埋もれちゃう!絶対削らなきゃ!悲しい!

音はこんな感じ!(EQ・エフェクト無し)

▲マイキングをやらかしてしまったのか、メチャ低音ボワボワになっちゃった…まあ、後でどうにかしよう。

 

混ぜるとこんな感じ

LRでギターを振り分けて、イコライザーをかけて鳴らしてみた。左がJC、右がマーシャル。だったと思う…いい感じに厚みのある音になった。

音はこんな感じ!(EQのみ・エフェクト無し)

ギターソロはこんな感じ!(EQのみ・ソロchにディレイのみ)

クリーントーンも、設定を変えずギターのボリュームを絞ったりピッキングニュアンスでプレイした。いい感じにコロコロと鳴ってくれている。ギターソロは、OCDのゲインを上げてEP boosterで思いっきりブースト。OCDはゲインを上げると低音がごろつくけど、レコーディングでは後で削れるので気にしない。

 

マイキング

ギターアンプのマイキングについての基本や、細かいところは下記リンクで。ざっくりいうと、スピーカーの目玉はトレブリーな音、端っこは低音オバケのボワボワした音だよ!

アンプのマイキングをマスターして空気感のあるギターサウンドを録れ!

 

今回はSHURE SM57で、スピーカーの端と中心のちょうど真ん中辺りを狙った。けっこう端に寄せたつもりだったが、わりかしトレブルが出てくれる、気持ちいい音になった。

f:id:puredata0:20150706133407j:image

▲最初、もう一本、SHURE SM58をオフマイクで立てて部屋鳴りや自然なサウンドを狙ってみたが、全ッ然いい音が録れなかった。ざんねん。

一人でレコーディングは精神的にキツイ

今回、スタジオ代を抑えるために一人でリハスタでレコーディングをした。が、時間的にもカツカツだったし、だんだん何が正解かわからなくなってきたため、かなり苦しかった。

今のテイクってどうだった?とか聞ける相手が欲しかった…結局、客観的に判断ができなかったので、何度も最初から録り直したりして時間も余分にかかってしまった。後から聞いてもプレイ内容はほとんど変わらないのに…

今後、ギターを録る機会があれば、絶対にメンバーを誰か連れて行こう…と思った。

 

この後は、パーカッションのレコーディング!

 

▶次の話

banksia.hatenablog.com

 

▶できあがったのがコチラ!聞いてみてください~!(2015年8月2日追記)

 

 

DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること

DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること