鼻から蒸気吐く

鼻から蒸気が出ている

作曲・DTM・音源

Ableton Live9で作るディープハウス・IDM「Mediumbuddha "Small steps"」

投稿日:

f:id:puredata0:20160921161347j:plain

Hokkaido, Cape Notoro, METI, CC BY 4.0 International

久しぶりに納得行く音が作れたので、一気に完成させてアップした。こういうのって、できたときは気持ちいいな〜。メモ代わりに、作り方や元ネタなど書いていきます。

 

 

“Small steps” – Mediumbuddha

音源(Soundcloud)

soundcloud.com

 

映像(Youtube)

youtu.be

▲いちおうYoutubeでも聞けるように映像を付けた。意味のないスローモーションの羅列

 

音とこだわり

ひたすらローパス・ひたすら引き算

最初からずっと鳴り続けているピアノをはじめ、リードシンセやベースなど、あらゆるものにローパスをかけまくった。普段だったら「そこまでやっちゃうとやりすぎかも…」と尻込みするところだが、ぶっ壊れているもののほうが面白いと最近身にしみてわかったので、気にせずハイを削りまくる。そして、シンセベースは80khzあたりで鳴るようにイコライジング。家のモニタースピーカーでは十分に鳴らなかったが、クラブとかライブハウスのスピーカーなら余裕あるスーパーローが響いてくれるはず。

また、7分ある曲だが目立ったヤマを作らず、音数を少なく、平坦にしつつ熱とウネリを出せるように心がけた。これらの新しい試みは、DJをやってみたり、ミニマルテクノやディープハウスにハマったりしたことが大きいと思う。

音符をずらしてノリを作る

最近は、正確無比でジャストなビートよりも、おちゃめで情けなくて楽しくてルーズで落語みたいなグルーヴに惹かれている。特にハウスミュージックはそういったブレたビートを楽しむ文化があると思うが、自分の打ち込みでもそのノリが出せるように実験してみた。

 

f:id:puredata0:20170611044035p:plain

メインドラムで、ハイハットの刻みをずらしてみたり、

 

f:id:puredata0:20170611044041p:plain

Swingを65くらいに設定しつつも、32分音符くらい走らせてみたり。

 

こういった設定をしたからといって人間っぽいビートになるわけではない。でも、この定期的にブレてくれるグルーヴはDTMやループミュージックでしかできないものだと思う。気持ちいい〜。

 

アンビエントノイズを自分で作る

サイドチェインコンプで浮遊感のあるサウンドメイク

ドラムのリムショットにリバーブをかけて、その後サイドチェインコンプで「バスドラが鳴っている間は音量が下がる」状態に。これで、ハイハット以外のシュワシュワした上モノを作った。ドラムだけで満足感のあるビートが組めたと思う。

f:id:puredata0:20170611044131p:plain

サンプリングしてグチャグチャにする

カンボジアで買ったCDから一部サンプリングして、リバーブ→コンプ→リバーブ→コンプと繰り返しかけることで、元の音では聞こえない倍音を増幅。それをうまいこと拾い上げてアンビエントノイズとして使ってみた。楽しい〜〜〜〜。

 

www.youtube.com

▲Instagramのストーリーにアップした動画をYoutubeに上げなおしているので、天気予報がついています

 

参考にしたアーティスト

Signer

名古屋のレコード屋・StiffSlackでジャケ買いしたSigner”Low Light Dreams”。もやがかった、内省的というかもはや無意識系とも言えるサウンドはしびれた。

 

www.youtube.com

 

Tycho

Tychoが以前インタビューで、「アナログシンセを鳴らして、とにかくトーンを絞りまくるんだ。なんでもかんでもだ!」と話していた。今回、ローパスフィルターをかけまくった際に、もっとやっちゃお!って思えたのは、Tychoの方法論が頭のどこかにあったからだと思う。

www.xlr8r.com

 

Owen Jay &Melchior Sultana

去年からずっとハマり続けている2人組。いつか必ずこういう音を作りたい。今回はその一歩ということで、「Small steps」というタイトルにした。

 

www.youtube.com

マルサの女

ボイスサンプルは「マルサの女」ラストシーンから、サイコーに渋い山崎努のセリフを。「マルサの女」は邦画の最高峰です。

 

-作曲・DTM・音源

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CUBASEで作るレイハラカミ風サウンド「Forest in the broad daylight / kanata (tani is good news REMIX)」

前回の「屍鬼」が暗く、そして古い(5年前!)の音源だったので、もう少し明るめで新しい曲をアップする!     

no image

CUBASE6 Artistでオーケストラ音源を使ってなんちゃってシンフォニーを作る「Deus ex machina / 千の魔法」③

photo by jordanfischer 自分が生まれ育った札幌には、「キタラ」というコンサートホールがある。何度か行ったことがあるんだけど、どうしても「階段が急で怖い」「ロビーが超きれい」「眠く …

no image

学生時代に今は無き代々木マルディックスタジオのレコスタで録った「Deus ex machina / 千の魔法」①

美術の人達がよく「習作」っての作ったりしてて、カッコイイなと思う。「デモ音源」との違いって、何なんだろうか。Wikipediaで調べると、「練習のための作品」とあるから、音楽で言うところのプリプロみた …

no image

バンドマン、DTMer、コンポーザーはデモを作ったら即アップし、ブログに記録するべき

photo by Marc Arsenault – Wow Cool 2010年終わりごろからいろいろ録りためて、バンドメンバーにしか聞かせてなかった音源、もっとオープンにしちゃおう!とい …

no image

日本なまりの英語、アコギ+ブラシ+ウッドベース、映画からインスパイアされた「INTO THE WILD」

名作「イントゥ・ザ・ワイルド」をみた後、アコギを握って作った曲。この映画は全編にわたって使われているエディ・ヴェダーの曲がすごく良かったし、映像も展開も超良かった。