CUBASE6 Artistでアコギ、スライド奏法を多重録音「Deus ex machina / 千の魔法」④

作曲・レコーディング

 http://www.flickr.com/photos/33000102@N03/21670736225

photo by Backbone Campaign

「Deus ex machina / 千の魔法」シリーズのアコースティックアレンジ。

「千の魔法(Chief Seattle edition)」

音源

この曲について

作るきっかけ・録るきっかけ

「千の魔法」のリフをなにかリアレンジして使えないかと試してみたテイク。習作だ!

バンドメンバーにも聞かせてみたが、ライブでやることはなかった。今までのデウスエクスマキナや千の魔法とは全然違うけど、こういうアレンジを試せるのがDTMの楽しいところだ!

アコギのピック弾きもスライドも、気持ちいい

今回、 アコギでスライドをプレイしている。全然うまくやれなかったけど、超気持ちいい!ちなみに使ってるのはガラス瓶型のやつ。デレク・トラックスも同じタイプのスライドバーを使っている。デレク・トラックスになりたい。


Planet Waves by D’Addario プラネットウェーブス スライドバー Glass Bottle Slide PWGS-B 【国内正規品】

中学生の頃に風邪薬のびんのラベルを剥がしてスライドバーとして使っていた。そんな自分のことを最高にROCKだと思っていた。いい心がけだ。

1:05くらいから弾き始めるプリングオフを混ぜたアコギのフレーズがとても好み。このフレーズで一気に厳格さというか、曲自体が締まった感じになったと思う。キュッと。

ネイティヴ・アメリカン、シアトル酋長の手紙

全編で流れているのは、ネイティヴ・アメリカンのシアトル酋長が1854年に大統領に当てたと言われている手紙を、どこかのお兄さんが読み上げてフリーmp3にしたもの。お兄さんもこんなふうに使われているとは思うまい。元の音源を探してみたが、見つからなかった…

実際にはこういう手紙はなかったとも言われているし、そもそも読み上げているのが「どこかのお兄さん」っていう力の抜けようだけど、内容がアコギの響きに厳格さを足してくれるのでは!と合わせてみた。ちなみにこんな内容。

ワシントンにいる大統領は、私たちの土地を買いたいとの手紙を送ってきた。
だが、空がどのように売り買いできるのだろうか? 

土地を買う? 
この考えは、私たちにはとても奇妙だ。
空気の清々しさや水のほとばしりを私たちは所有していないのに、
どうしてそうしたものを売り買いできるのだろうか?

たまむすひ:シアトル酋長がピアス大統領に宛てた手紙

記録

作曲:2009年12月 / 録音:2013年10月

環境:CUBASE6 Artist / OSX

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年11月6日作曲・レコーディング