CUBASEで作るレイハラカミ風サウンド「Forest in the broad daylight / kanata (Mediumbuddha REMIX)」

作曲・レコーディング

前回の「屍鬼」が暗く、そして古い(5年前!)の音源だったので、もう少し明るめで新しい曲をアップする!

「Forest in the broad daylight / kanata (Mediumbuddha REMIX)」

音源

原曲

この曲について

もともと、kanataの前身バンドで俺はボーカルをやっていた。もっとハードコア寄りのアプローチだったから、ぜんぜん違う曲調だったけど。諸々あって2011年6月に脱退、バンド名を変え自分以外のメンバーでバンドを続けていくことになった。あれ…暗い!?この話も暗いかも!?でも大丈夫!みんな今でもマブダチだから!!ほら!!21歳って、意味なく焦ってる頃じゃない!?アッッッ!!!!!!今もかも!!!!!!!!!!チル!!!!!!!!!!!!!チルしていこうぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

それで、kanataがデモCDを出した時にボーカルトラックをもらってリミックスやらせてもらったのがコレ。シンセのグリッサンドや、モワッとしたコードでrei harakamiっぽいサウンドを目指した。ずっと縦横無尽に鳴ってるシンセ、オートメーション書くのがすごい大変だった。

改めて聞くと全然rei harakamiに似てないなぁ。何か目指したりパクったりしたけど、結局似ていないっていうの、よくある。

今ならもっと落ち着いて、ゆっくり時間を使って上げていくサウンドにすると思う。この忙しいシンセや全体の感じは残しつつ。うーん、でもそれってどんな感じになるんだ。結局やってみないとわからないなァ~。リアレンジとリミックスは違うんだよなァ~。難しいよなァ~。

記録

制作:2012年6月
環境:CUBASE6 Artist / Mac OSX
ボーカルトラック以外、打ち込み

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年11月6日作曲・レコーディング