札幌・狸小路4丁目「パスタしゃべりたい」のスパゲティが好きだ。

食べることの物語札幌

すすきのにある「パスタしゃべりたい」が好きだ。そして、「パスタしゃべりたい」のスパゲティが好きだ。

「パスタしゃべりたい」の外観

狸小路4丁目という観光客の多いガヤガヤした場所で、孤高を貫いているのが好きだ。看板の文字が取れていても直さないところが好きだ。

「パスタしゃべりたい」の入り口ドア

秘密の場所に連れて行ってくれそうな、あの階段をのぼるのが好きだ。ファンタジー映画に出てきそうなドアを押し開ける瞬間が好きだ。

「パスタしゃべりたい」の内観

聞こえるか聞こえないかくらいの音量でジャズが流れているのが好きだ。客層も店の雰囲気も落ち着いているところが好きだ。

「パスタしゃべりたい」のメニュー

店名が「しゃべりたい」なのに、メニューに「長居はご遠慮ください」と書いてあるのが好きだ。そのくせ、店員さんの愛想がいいところが好きだ。シンプルなスパゲティが370円から食べられるのが好きだ。570円で手のこんだメニューが食べられるのが好きだ。

「パスタしゃべりたい」のチーズ入りアラビアータ

「パスタしゃべりたい」のアラビアータが好きだ。まるで絵文字のような、オーソドックスな見た目が好きだ。トマトソースがたっぷりかかっているところが好きだ。辛味が抑えめで、タバスコとの相性が良いところが好きだ。チーズ入りを頼んで、トロトロに溶けたチーズをスパゲティに絡ませるのが好きだ。モチモチした麺が好きだ。アルデンテよりもずっとやわらかい、家庭的な茹で加減が好きだ。

「パスタしゃべりたい」と、「パスタしゃべりたい」のスパゲティが大好きだ。

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年12月28日食べることの物語札幌