【ビール】オレゴン州ポートランドのビールを4種類飲んだ

お酒Crux Fermentation Project, Culmination Brewing, Gilgamesh Brewing, インディアペールエール, ニューイングランドIPA, ハーブ・スパイスビール, ビール, ペールエール

“Culmination Brewing / Obscured By Clouds”

New England IPAらしい色。香りはトロピカル。苦味は軽く、アフターが長い。軽めの苦味が短く舌に乗る。全体的に淡い感触で、8%というハイアルコールを感じないほど。けっこう好みの一杯。

“Gilgamesh Brewing / Mamba”

ハーブ・スパイスビール。手入れされた古民家の匂い。茶色の皮家具のような感触。気品ある、醤油顔の男性を思わせる。色は明るめブラウンだが、舌にもったり乗る。アフターは弱い。

“Crux Fermentation Project / Play Wave”

ペールエール。ホップと土の感じ。飲んだあとも、アフターですぐ土が出て来る。土と言うより、納豆、発酵感か?苦味がしっかり、程よく舌に残る。全体的にはドライな感触。

“Culmination Brewing / Vic’s Secret IPA”

IPA。色、香り、トップがとにかく性格のいい爽やかさ。自分もかくありたいと思うほど。トロピカルや果実香もある。奥の方にヨーグルト感も隠れているかもしれない。味は薄く、苦味ばしる。後に大きくうまさが乗ってきて、アフターまで抜けていく。口に含んだ瞬間から鼻抜けする香りが心地よい。かなり好みの一杯。

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから