鼻から蒸気吐く

鼻から蒸気が出ている

DEMO音源

【DEMO-011】HOPE (first demo track)

投稿日:

f:id:puredata0:20151106142008p:plain

DEMO音源を上げ始めてから11作目、ようやく新しく録ったデモをアップする!!うれしい!!

どんなバンドも、どことも契約していないんなら、しがらみが一切ないなら、プリプロだろうがスタジオ音源だろうが、ガンガン公開しちゃえばいいと思う。

君は自由だ!俺も自由だ!夜中にポテチ食うぞ!ばりばり!ピザだって!もぐもぐ!

 

「HOPE (first demo track)」

音源

歌詞

朝を待たず、消えて行く呪い まるい救済
唐突な光と、一瞬の言葉を
思い出していた

どこへでも歩いていけば、シャローム
許されていた
いつのまにか、こんなにも遠くへ来てしまったのか

新たなページの魔女
潮風ふわり、白
はじめてゼロになる
もう何も怖くない

生きることは穴があくこと
その空洞に
愛していたものも、本当のことも
捨てていけばいい

吹き消して片付けた魔法
空いたスペースに
大切なものも、不確かなことも
捨てていけばいい

それは”希望”、君のための
「何もかもが、息絶えた」と思う夜に開ける箱だ

新たなページの魔女、海に足を浸す
はじめてゼロになる もう何も怖くない

この曲について

作るきっかけ・録るきっかけ

2015年の6月につくった、OF MONSTERS AND MENの「CRYSTAL」に影響を受けた曲。バンドで練り上げていく際、勢いオンリーでのアレンジに限界を感じたため自分が持ち帰り、ずっとアレンジを悩み続けていた。そしてその結果、「もっと勢いを足すべきだ!」という結論に達し、今回のレコーディングでは爆音ミックスにしている。

歌詞について

歌詞やタイトルも、とても悩んだ。たぶん、歌詞は全部英語にしたほうがしっくり来るはず(スタジオではOasisの歌詞をそのまま当てて歌ったりしていた)。でも、うまく突き詰めれば良い日本語がハメられるんじゃないかと頑張った。一部改良の余地はあるものの、【唐突な光と、一瞬の言葉を 思い出していた】とか【どこへでも歩いていけば、シャローム】とかは面白くできたんじゃないかと思う。

なんとなく、いま自分には「HOPE」というタイトルの曲が必要なんじゃないかと感じていた。タイトルは最後の最後に決めたけど、歌詞の内容は喜怒哀楽はっきりしないし、そこで起こっていることも良いことか悪いことかわからないけど、そういうのを全て「HOPE」って言葉で包み込むことに、なにか意味があるように思える。

音について

最近、Twitterでフォローしたレコーディングエンジニアがこんなことを言っていた。

心から、そのとおりだなぁと思う。自分でいじってると修正したくなりがちだけど、小奇麗にしたところで俺のような音楽をやっているなら無意味・逆効果なんだよなぁ。今後はどんどん一発録りマンになるよ俺!

裸一貫・無一文、獄中結婚・惑星直列だ!ウオアアアアアアアアア

We are American Football / Harvey Milkのきもち

途中のクリーンパートで弾いているフレーズはモロAmerican Footballのパクリでござい!ちょうど2015年6月はアメフト再結成・奇跡の来日があり、ライブを見に行ったので、4/4にして強引にコラージュした。やっぱり良いリフねぇ~。 こういう遊び心は、いつでもGOです。

www.youtube.com

 

そして、後ろで流れているスピーチはハーヴェイ・ミルクのスピーチ。「HOPE」というド直球のタイトルにすると決めた時、なにか「HOPE」に関する映画のセリフをサンプリングしたいなと考えた。まず思いついたのは「ショーシャンクの空に」のラストシーンだったが、BGMとの兼ね合いや、その直前のセリフを別の曲で使っていることから却下。その時に思い出した、このスピーチ。

スゴく良いスピーチだし、長さもピッタリでよかった。

www.youtube.com

ハーヴェイ・ミルクについては、ショーン・ペンがイケメンまみれになる、この映画をご覧ください。この映画も、ミルク本人もグレート。リスペクト。

ミルク [DVD]

ミルク [DVD]

 

 

記録

作曲:2015年6月

録音:2015年11月

環境:Abelton Live 9 Suite / OSX

ボーカル(SHURE SM57)・ギター(G&L テレキャス・ライン録り)以外、打ち込み

 

-DEMO音源

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【DEMO音源-009】「Deus ex machina / 千の魔法」③

photo by jordanfischer 自分が生まれ育った札幌には、「キタラ」というコンサートホールがある。何度か行ったことがあるんだけど、どうしても「階段が急で怖い」「ロビーが超きれい」「眠く …

no image

【DEMO音源-004】「Alain Ducasse」

今回から何回か、テキトー英語満載の曲を上げていこうと思う。なんておそろしい計画なんだ。ネイティヴヤローは耳をふさげ!

no image

【DEMO音源-008】「Deus ex machina / 千の魔法」②

photo by ONETERRY. AKA TERRY KEARNEY 「千の魔法」の別アレンジ版「Deus ex machina」をいっぱい上げる!!!いっぱいあげるのが、おれのしごと!!! いろ …

no image

【DEMO音源-006】「Days in Sahara, Orion, February 13th」

すごく良い曲だと思うんだけど、すごく英語が微妙なシリーズ。俺よ、滑舌よくなれ。英語の滑舌。歌うといきなりダメになる我が滑舌。歌い方がダメなんだろうか。でも、良い曲だ。  

no image

【DEMO音源-005】「INTO THE WILD」

名作「イントゥ・ザ・ワイルド」をみた後、アコギを握って作った曲。この映画は全編にわたって使われているエディ・ヴェダーの曲がすごく良かったし、映像も展開も超良かった。