鼻から蒸気吐く

鼻から蒸気が出ている

DEMO音源

【DEMO音源-006】「Days in Sahara, Orion, February 13th」

投稿日:

f:id:puredata0:20151105133400j:plain

すごく良い曲だと思うんだけど、すごく英語が微妙なシリーズ。俺よ、滑舌よくなれ。英語の滑舌。歌うといきなりダメになる我が滑舌。歌い方がダメなんだろうか。でも、良い曲だ。

 

「Days in Sahara, Orion, February 13th」

音源 

 

歌詞

Days in Sahara, Orion, February 13th
Have you ever seen such a beautiful sunset
Listen to a grain of sand, while lay down on desert
24 degrees, it’s nice to meet you there

Waits for you
On the horns, wait til the score’ll be done
Waits for you, as Amazigh leads
Where a horror is gone
So Merzouga, it’s for you

この曲について

2012年2月にモロッコ・サハラ砂漠に言った時のことをテーマにした曲。【D→Am→B♭M7→C】のコード進行がとっても美しくて、アコギで一気に作り上げた。「Waits for you~」からの流れは、もうこれしかない!と思うほど気に入っているし、三声コーラスも一発録り(一人だけど)でうまく決まった。本当に良い曲だと思う。

けど、英語の滑舌や発音が微妙だなー!ガハハハハ!気にするな!今や、ネイティヴの英語話者のほうが少数だ!ジャパニーズイングリッシュ、自信持って行こう!

シンプルに、Aメロ~サビを繰り返す展開で、後半はギターソロで引っ張る展開。このギターソロも、キーがDメジャーとDマイナー頻繁に入れ替わるので結構苦労したが、ブルース感のある、良いソロになったと思う。ちなみに、途中で「Crimson King – I Talk to The Wind」を弾いてる。アソービゴコーロで。

バンドメンバーからは「この曲オアシス!オアシスですよ!サイコー!」と評価を受けるも、なかなかこのデモを超える演奏にならずお蔵入りに。いつかスゴく上手いコーラス隊と、発音の良いボーカルと、手練のバックバンドで演奏してみてほしいなぁ。オレ、タンバリンやるからさ。

記録

作曲:2013年11月

録音:2013年12月

環境:CUBASE6 Artist / OSX

・ボーカル(SHURE SM57)

・アコギ(SHURE SM57)

・エレキギター(ジャズマスター / ライン録り)

その他はすべてCUBASEで打ち込み。

 

-DEMO音源

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【DEMO音源-002】「Forest in the broad daylight / kanata (tani is good news REMIX)」

前回の「屍鬼」が暗く、そして古い(5年前!)の音源だったので、もう少し明るめで新しい曲をアップする!     

no image

【DEMO音源-009】「Deus ex machina / 千の魔法」③

photo by jordanfischer 自分が生まれ育った札幌には、「キタラ」というコンサートホールがある。何度か行ったことがあるんだけど、どうしても「階段が急で怖い」「ロビーが超きれい」「眠く …

no image

【DEMO音源-004】「Alain Ducasse」

今回から何回か、テキトー英語満載の曲を上げていこうと思う。なんておそろしい計画なんだ。ネイティヴヤローは耳をふさげ!

no image

【DEMO音源-003】「夜叉、歩く(Raintribe Anonymous)」

photo by Bill Selak 暗い時期の曲と、明るい時期の曲を交互に出して、何かのバランスを取ろうと思ってるブログです。なんのバランスが取れるのか。なんなのか。なんだべか。

no image

【DEMO音源-007】「Deus ex machina / 千の魔法」①

美術の人達がよく「習作」っての作ったりしてて、カッコイイなと思う。「デモ音源」との違いって、何なんだろうか。Wikipediaで調べると、「練習のための作品」とあるから、音楽で言うところのプリプロみた …