1byoneの体重計を買って夜に炭水化物を抜き、おれはちょい痩せボディを手に入れる

家電・キッチンフィットネス, 買い物

親元を離れて暮らしはじめてからというもの、体重計のない生活にすっかり慣れてしまった。アイロン台や長靴のような、それがなかったとしても多少の不便を我慢すれば生活が成り立つものに対して、わたしのような者はまるで無頓着だ。

1byoneの体重計/体組成計/体脂肪計を買った

体重計がなくても死ぬことはない。死ぬことはないのだが、27歳になってみて、文化的な生活というものに少々興味がわいてしまった。”文化”とは、ほどよく張った弾力のある筋肉のことである。”文化的な生活”とはつまり、ちょい痩せボディで日々を生きることを指す。今の自分は、肥満体であるわけではないが痩せているとも言い難い。

1byoneの体重・体組成計・体脂肪計

ここに、1byoneの体重計がある。Amazonで3,000円ほどの、スマホに自動でデータを転送できるものとしては最安値のスマート体重計だ。これを使って私は、文化を手に入れようと思う。


1byone 体重·体組成計·体脂肪計 スマートスケール 体重/体脂肪率/体水分率/推定骨量/基礎代謝量/内臓脂肪レベル/BMIなど測定可能 Bluetooth対応 iOS/Androidアプリで健康管理 赤ちゃんの体重計算可能

コレとどっち買うか迷った

Withings/Nokia スマート体重計 Body + ホワイト

スマート体重計というと、おしゃれな見た目だったり、いらぬものまで計測できるものを想像するだろう。そう、NOKIAのスマート体重計だ。脈波伝播速度の測定や、天気予報を表示することもできる。それがNOKIAの提唱する未来なのかもしれないが、10,000円は高い。却下だ。


Withings/Nokia スマート体重計 Body + ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応 体組成計 【日本正規代理店品】

タニタ デジタルヘルスメーター HD-660-WH

スマホにデータ送信ができなくとも、体重計として最低限の機能があればOKかとも思った。しかし、私はめんどくさがりやの完璧主義者だ。体重計に乗るたびに、その日の天気や気分、夕食の献立までエクセルに記録したがるに決まっている。そして、1週間でやらなくなるに決まっている。

おまけに忘れっぽくて、記憶を自分の都合のいいように改ざんする癖がある。スマホとの連携を諦めれば、1by oneの体重計と同価格帯でグレードの高いものを買えるのかもしれない。しかし、自分の体重を記録せず、あまつさえ実際より軽い数字で記憶しようする私には向かない。却下だ。


タニタ 体重計 小型 ホワイト HD-660 WH 乗るだけで電源オン 約B5サイズ

1byone 体重・体組成計・体脂肪計はこんな感じ

1byone体重計の箱

こういう安価な商品にしてはパッケージがおしゃれだが、取扱説明書の日本語があやしい。おぼつかない日本語フェチである私は、思わぬタイミングでの収穫に心が躍った。

1byone体重計の説明書

この加減の良さなのだ。日本語が崩壊しているわけではないが、決して正しくはない。それでいて、意味は通じる。ネイティブ・スピーカーがまねできない、天然物の特徴である。

体重計は、可もなく不可もない。つるつるしていて、無駄のないデザインだった。Amazonだと数値に誤差があるようなことが言われていたが、これは体重の”推移”を記録するデバイスだと捉えているので、私にはどうでもいい。

実際に使ってみた感想

毎朝、起きてすぐに計測するようにしたが、これが楽しい。夜遅くに炭水化物を食べた日は太るし、トイレに行って小便をすれば400gほど軽くなる。自分の体でこんなに遊べるとは!と嬉しくなったので、夜に炭水化物を食べない生活をしてみた。2ヶ月ほど続けてみると、5kg痩せた。

1byoneのアプリ画面

1by oneのアプリは使いづらいので、Appleヘルスケアでデータを収集するのがいい

iOSヘルスケアで体重を記録

「これで私も文化的な生活をゲットだ!」と浮かれて夜にごはんをどんぶりいっぱい食べていたら体重が少し戻った。トータルで、-3kg(3ヶ月)くらいだろうか。元来体重を気にしていたわけでもないので、まあこれでもいいかと思いながら毎日過ごしている。文化的な生活は、まだ遠い。

iOSヘルスケアで体重を記録

2018年11月30日家電・キッチンフィットネス, 買い物