札幌・場外市場「海鮮食堂 北のグルメ亭」で「おすすめ丼」を食べる

ローカルレストラン丼・定食, 札幌


札幌に、東京の友達が遊びに来る。ぜひどこかの魚市場に連れていきたいのだが、二条市場にすらいったことがないので、まったく勘が働かない。そこで、下見がてら場外市場「海鮮食堂 北のグルメ亭」へ行き、「おすすめ丼(2000円)」を食べてみることにした。場外市場(中央卸売市場)までは、札幌駅から車で10分ほど。

「北のグルメ亭」は超人気店なので昼時は非常に込み合うが、今回は朝早くに入店したためすぐに座ることができた。

ドン!と中央にボタンエビを頂き、周りには八角やいくら、サーモンなどが載せられている、美しい丼である。アラ汁もついていて、これが実に嬉しい。タクシーの運転手いわく、「混んでいる店ほどネタの回転が早いため、新鮮なものを食べられる」。この言葉は間違いなかった!なかなか満足できた。なかなか満足はできたのだが、余市など本当の漁港市場で食べる海鮮丼の旨さと安さを知っていると、「これで2,000円はちょっとだけ高いかな…。」と思ってしまう。そこまでバカ高い、観光価格というわけではないのだけど。

札幌滞在が短くて、サクッと美味しい海鮮丼を食べたいという方にはおすすめ。


極上・札幌中央卸売市場直送生ウニ・いくら丼特撰セット【北海道海鮮グルメ・特撰北の味覚ギフト2~3人前】

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年11月29日ローカルレストラン丼・定食, 札幌