あっさりの中にパンチがあるオールドスクールなラーメン、札幌・澄川(自衛隊前駅)「中華そば 真壁六郎太」

ローカルレストランラーメン, 札幌


南北線・自衛隊前駅に行く用事があったので、移転前から気になっていた「中華そば 真壁六郎太」へ。レトロな装飾の店内は10〜15人ほど座ることができる大きなテーブル席のみ。夜は19時閉店という、強気というかマイペースというか、実にあっぱれなスタイルだ。


 

醤油ラーメン(650円)を注文。一口スープを飲んでみるが、想像よりもパンチのある味。前評判では「あっさりしたラーメン」ときいていたが、ダシなのか塩気なのか、こってり系が好きな自分も満足できるスープだ。チャーシュー、麩のトッピングも美味しく、麺もそれなりに量がある。正直あまり期待しないで入ったが、なかなか好感のもてるいいラーメン屋だった。
 

エバラ 札幌ラーメンの素白みそスープ 1号缶

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年11月29日ローカルレストランラーメン, 札幌