グルメレビュー

平日・夜の部、開店直後の「ラーメン二郎 札幌店」待ち時間(「小・麺硬め・ニンニク多めヤサイ少なめ」の場合)

投稿日:2018年5月19日 / 更新日:


まただ。食べてしまった。2ヶ月に1回ほどある、どうしようもなく二郎が食べたくなる日が来てしまったのだ。性懲りもなく夜の部に。せっかくなので、今回は札幌二郎の待ち時間を書き残すことで、食後の罪悪感を解消しようと思う。


平日・夜の部、開店直後の「ラーメン二郎 札幌店」待ち時間

17:09 列に並ぶ


水曜日の17時09分、「ラーメン二郎 札幌店」に到着。この時点で、待ちは外10人、店内3人。前回の記事でも書いたが、やっぱり客層が若い。学生服もチラホラ見受けられる。
いいなァ君たち、高校時代に二郎食えるなんて。10代で二郎を食べられることの素晴らしさよ。胃腸に負担かけ放題じゃん。油、飲みたい放題じゃん。俺が高校の頃は「味の時計台」か「味源」で辛さ10倍オロチョンラーメン食うしかなかったよ。

17:48 着丼

「ラーメン(小)野菜少なめ、ニンニク多め」・700円を注文。前回、札幌店は桜台店に比べてデロッとした平打ち麺であることを学習したので、ゴワッとした感触を期待して「カタメ」でオーダー。

 
ニンニク多め、ヤサイ少なめである。いつもどおり、うまい!ラーメンどんぶりは普通の大きさで、盛り付けも普通に見えるのに、どうしてこうも質量のあるラーメンになるのか…。

 

18:02 食べ終わり、店外へ

にんにく臭対策のリンゴジュースを飲みながら、「やっちまった」と呟いて高架下をくぐる、あの瞬間。明日の朝飯は味噌汁だけでいいなと思う、あの瞬間である。あの瞬間に、「二郎」がある。
 

平日・夜の部の開店直後は、列13人・40分待ち

ということで平日・夜の部、開店直後に並んだ場合の待ち時間は、およそ40分だった。体感ではそれより短かったが、それは店内に入って食券を買ったり、待ち時間に麺のサイズ・硬さをオーダーしたりと、いくつかのイベントがあるためだろう。他の人のオーダーを盗み聞きする楽しみもある。
まるでディズニーランドのように、ラーメン二郎は待ち時間を苦痛に感じさせない仕組みを随所に散りばめているのである。
 

ラーメン二郎にまなぶ経営学
 

-グルメレビュー

関連記事

ゴリ押しジャンキー大盛りカレー!札幌駅地下街アピア「北海道カリー倶楽部おの」カツオムライスカレー

札幌駅、アピアのレストラン街をアスティ45方面に歩いていくと、ある地点から強烈にカレーの匂いがする。食欲を刺激するその匂いに誘われて、小奇麗な地下街にありながら、どこか老舗定食屋の雰囲気をかもしだす「 …

個性の光る住宅街の名店、札幌・澄川「SOUP CURRY ESOLA」エソラ特製野菜ハンバーグカリー

中央区のドミニカでスープカレーを食べ、そのスパイス感に「これはなんだ!北海道のソウルフードどころか、海外の食べ物じゃん!」 と驚いたのが先月のことだった。しかし、一つの店で食べただけで決めつけたくはな …

手近なオーソドックス油そば、 「油そば専門店たおか」油そば大盛

油そばが好きだ。しかしながら、未だ札幌での油そばの「正解」を見つけられていない。フェイバリット油そばイン札幌を探し、「油そば専門店たおか」の油そば大盛(600円)を食べた。 見た目の通り、具は少なく麺 …

ワンコインで食べられる最高のラーメン、札幌・すすきの(狸小路7丁目)「らーめん サッポロ赤星」

狸小路7丁目のはずれにある「らーめん サッポロ赤星」へ。ネットで調べてみた所、一杯500円で食べられるらしい。 値段の安いラーメンは、それだけで愛おしくなってしまう。もちろん全てのラーメン屋が諸々を考 …

丁寧な味、やさしい甘み。「らーめん ひなた」味噌ラーメン

南北線・澄川駅から徒歩15分。アクセスが良いとはいえない立地で、長く営業を続ける「らーめん ひなた」で、「味噌ラーメン」(800円)を食べてきた。 麹なのか大豆なのか、しょっぱいというよりは、和風の甘 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

アーカイブ