ワンコイン、居心地よし、大満足。大通駅1番出口「鳥次郎」究極の親子丼

ローカルレストラン丼・定食, 札幌


オフィス街のメシは、うまい。加えて言うなら、オフィスビル地下のメシは、うまい。この法則が、東京だけでなく札幌でも通用するかを実証するため、昭和ビルの地下一階、大通駅・1番出口に直結した居酒屋「鳥次郎」で、「究極の親子丼」(500円)を注文。

 


気張ってサイズ感のわかりづらい写真を撮ってしまったが、これがなかなかいいサイズなのだ。大盛りではないが、食べ終わってさみしさを感じることは絶対ない、よく食う成人男性の腹八分目。卵にとても濃い味付けがされていて、ご飯がすすむ。鶏肉もトゥルトゥル、ホロホロしていてうまい。

税込で500円という値段も素晴らしい。もちろん、安ければいいというものではないが、値段は客へのメッセージでもある。無言の「また来いよ」を感じ取ってしまうのだ。人間は味覚だけで飯を食うわけではなく、情報や雰囲気も一緒に味わっている。そういう意味で「鳥次郎」に、マイベスト札幌ランチと言えるほど惚れ込んでしまった。他のメニューも食べてみたいし、夜に酒を飲みにも行きたい。札幌に大好きな店が、また一つ増えた。

谷口金属 メルフィル IH親子鍋 17cm IH対応

この記事を書いた人
七里ガ浜で笑う筆者

Mediumbuddha

1989年、北海道札幌市生まれ。ミュージシャン・作家・Webディレクター・ライター。お酒と料理、釣りやクロスバイク、映画に落語が大好きです。

このブログは、甥や姪が18歳になったときに読ませられるような文章を、個人的な経験や記録を絡めて、誰かの力になるように心をこめて書いています。

くわしくはこちらから→→→わたしについて

各種お問い合わせはこちらから→→→お問い合わせ

Twitter→→→@fuloba

2018年11月29日ローカルレストラン丼・定食, 札幌